バイトを探す 子ページTOP画像

アルバイトを探して面接の約束を頂いたら、必ず必要になるのが「履歴書」です。面接担当者に読んで貰い、自分を理解して貰う最初の入り口となる大事な書類です。丁寧に作成し、読みやすく分かりやすい内容を心掛けましょう。
wまずは正確・丁寧

提出する履歴書ですが、アルバイトだから、パートだから適当でいいや、という事はありません。住所や連絡先、学歴や職歴を正確に書きましょう。それから一番大事な事は…読みやすく丁寧に書く。これに尽きます。当方はこれまでに300人以上の方の履歴書を拝見し、採用の可否に携わってきましたが、字が上手い下手ではありません。読む者が読みやすい丁寧さが好印象。

また、内容については間違いのないように。連絡先などが間違っていると緊急に連絡する時に本当に困ります。携帯電話の番号やEメールアドレスの記入などは特に注意が必要です。

w履歴書に添付する写真について

サイズは縦36〜40mm、横24〜30mmで3ヶ月以内に撮影した物を貼付けて提出します。写真と本人が別人のようだ、という昔の写真は使用しないように。貼付ける際はノリでしっかりと貼付けてください。履歴書そのものを就労者の管理に使用する職場もあります。

w使用する筆記用具は

ボールペンでしっかり記入してください。鉛筆やシャープペンで書き込みしても構いませんが、こういった書類はボールペンで記入頂きたいと考えています。

w修正しても良い?

書き損じ、間違いを修正ペンか何かで修正しても構わないと考えていますが、書き直す時間と手間を惜しまない方は書き直す事も検討してください。面接の際に「ああ、この部分は修正したんだなあ、書き直す事はしなかったのだな」と感じるだけで、採用の可否の判断基準にした事はありません。(当方の場合に限った話しです)

w学歴はどこまで書く?

最終学歴まで、卒業年月日を書けば良いでしょう。

w職歴はどこまで書く?

どのような職業を経験してきたのか、退社年月日を書き、出来ればどのような部署・部門・仕事内容まで簡潔にまとめて書いて頂ければ採用担当側としては助かります。経験ある職歴から、部署の振り分け・作業内容別の担当決めなどに大いに役立つ場合があります。

w趣味・特技に書くことがないが?

何でも良いのです。読書、映画鑑賞、スポーツ、好きな事や嗜好を採用担当者が知りたい、把握しておきたい場合がありますが、採用の可否にはまず関係ありません。パソコンでの表計算や簿記が得意だという方は体力を使う作業よりも事務所で活躍して貰いたい、という希望はありますが。

w家族構成はどこまで書く?

同居のご家族を記入する。特に未成年の方は親御さんの連絡先も記入しましょう。

w住所や電話番号が変更になったが?

速やかに面接担当者か人事担当者、職場の責任者に変更を伝え、変更届けなどの書類を作成・提出しましょう。

w給与の振込先を変更したいが?

面接担当者か人事担当者、職場の責任者などに振込先を変更して貰いたい旨を伝え、書類提出などの必要がある場合はその書類を作成・提出しましょう。


▲ページ上部へ
バイトを探す TOPPAGEへ戻る

- mono space -